日刊帝国ニュース NO11911 2006 9/28 12ページ 記者日誌

東京都千代田区。神田川の辺り。
今年4月、電気用品安全法の完全実施による、いわゆるPSE問題で取材に応じてくれた社長から連絡を頂いた。PSE問題は中古家電販売会社には大打撃必至と思われ、各方面に取材していた。取材を進めるうち、マスコミでもこの問題が頻繁に取り上げられるようになった。結局、中古家電販売業界の猛反発もあって、販売会社でも製造業者として届け出れば自主検査のうえPSEマークを貼付して販売できるという骨抜きの運用がされることとなった。
しかし、技術力を持たない販売会社に中古家電の検査がかのうなのかという懸念が残された。実際、9月25日の業界団体の発表によると、自主検査をしているケースは33%だった。ところが、絶縁処理が不十分な中古家電が流通しているようなのだ。消費者の安全を目的として制定されたはずのPSEマーク制度なのに、かえって事故を増やしかねない事態を招いている、と前述の社長は気が気でないようだ。
これから暖房器具を使う機会が増える。ひょっとしたら絶縁処理が不十分な中古暖房機器がショートするかもしれない。場当たり的な法律の運用で被害者が出なければ良いが。(空・風)

投稿日時 ... 2006年10月05日(Thu)14時10分 ... (No.250) New!